校長より


 中学生を「大人」にする青山中学校               校長 福井 正仁

校長先生の写真 昭和22年4月、港区立新星(しんぼし)中学校として、東京都立第一中学校(現在の日比谷高等学校)に併設されて開校した本校は、今年度、第70期の新入生を迎えました。各学年2学級と特別支援学級2学級、合計8学級の編制で、全校生徒数は167名です。

 私は、本校4年目になる第18代校長の 福井 正仁 でございます。

 本校の校訓は、「文武両道」、「自主自律」です。校訓を受け、開校当時から受け継がれている生徒目標は、「真剣な学習」、「節度ある行動」です。生徒目標は、学校の玄関や各教室に掲げられており、一人一人の生徒の日々の学習と生活の指針となっています。

 また、青山中学校は、「さわやかな挨拶が飛び交う温かい学校」をモットーとし、温かい人間関係を基盤に、生徒相互のコミュニケーションを大切にし、助け合い、高め合える学校です。全職員が全生徒の指導に関わることのできる規模で、生徒一人一人が学習や行事、諸活動で主役として活躍しています。

 さて、中学生の時期は、自己形成を続け、「子ども」から「大人」へ着実に成長すべき年代です。そのため、本校は、学習・生活の両面で、生徒の自主性・主体性を育てる指導を大切にしています。大人が先回りして生徒が進むべき道を完全に整備してしまうのではなく、生徒が自ら考え、目標を設定して努力を続け、試行錯誤しながらも自ら進むべき道を切り開いていくことのできる環境や条件を丁寧に整備するよう努めています。これからの変化の激しい時代を生き抜く力を培うため、主体的に生きる人を育てたいと考えます。

 さらに、青山中学校は、地域の皆様の盤石な支援体制があり、多くの校長先生のイラスト皆様に生徒に重層的にかかわっていただいてます。地域の支援による「出前授業」、大学と連携した美術館での体験学習、様々な交流活動などを実施し、一人一人の生徒の3年間の経験の質と量の充実を図っています。生徒の3年間の伸びは大変大きく、卒業後の進路選択においても、それぞれが自らの進路を切り開き、大きな成果を上げています。また、生徒の地域活動への参加が多いことも本校の特色です。

 皆様には、中学生を「大人」にする青山中学校への引き続きのご支援を賜りますよう衷心
よりお願い申し上げます。
 

校長講話

朝礼・式での講話
12
2015/12/14

学校外での学び

Tweet ThisSend to Facebook | by モデレーター308

青山中学校は、学年ごとに美術館で学習するなど、学校の外に出かけて学習する機会が多いです。先週1週間だけでも多くの機会がありました。1年生と3組は、青山特別支援学校との交流会、2年生は日比谷高校での体験授業、3年生は家庭科の保育実習で、青南幼稚園に出かけて学習しました。3年生はその他にも、サントリーホールで港区の音楽鑑賞教室がありましたから、忙しい1週間でした。

皆さんが生活していく、これからの変化の激しい時代には、身に付けた知識や技能をどのように活用し、どのように社会・世界と関わり、よりよい人生を送るかが大切です。普段の授業でも、知識や技能を活用する場面を工夫していますが、学校外での学習は、活用の絶好のチャンスです。

1年生は、青山特別支援学校で、パラリンピック競技の一つの「ボッチャ」を一緒に楽しみました。障害のあるなしに関わらず同じ中学生として、励まし合い、競技しました。合唱の交換も温かな交流の一コマでした。

2年生は、高校の数学と化学の授業を受け、専門的な内容に驚く一方で、中学校の学習と関連していることにも気付いたことでしょう。

3年生は、進路決定の時期に、10歳ほど年下の幼稚園の子どもたちと過ごすことで、自らの成長を振り返り、この先の生き方についても考えることができたのではないかと思います。

これらの体験の一つ一つが皆さんのこれからの人生の幅を広げていくのです。そのためにも、学校での毎日、毎時間の授業を大切にし、受け身ではなく、積極的に授業に関わり、経験・体験の幅を広げてください。


10:30 | 2学期朝礼
2015/12/07

人権週間にあたって

Tweet ThisSend to Facebook | by モデレーター308

1210日は、昭和231948)年、第3回国連総会で「世界人権宣言」は採択されたことを記念し、「人権デー」と定められています。そして、124日から10日が「人権週間」です。

世界各地で発生している悲惨な戦争や紛争、テロなどで、多くの人々の命が奪われ、人権が踏みにじられています。しかし、人権は、このような状況下だけで問題になるわけではなく、私たちの身近な日常生活でも、常に意識しなければならないことです。学校生活を考えると、暴力やいじめは、人権を踏みにじる行為と言えます。

青山中学校は、一人一人が「さわやかなあいさつが飛び交う温かい学校」をモットーとして、助け合い、励まし合いながら、学校生活を送っています。しかし、人間関係がうまくいかないこともあるでしょう。うまくいかないときに、関係がさらに悪くなり、暴力やいじめにつながるようなことになってはいけません。人間関係がうまくいかないときこそ、「温かさ」を発揮し、相手の気持ちや立場をもう一度じっくり考え、また、自分自身の気持ちも冷静に振り返ってみましょう。どれだけ冷静に自分や相手のことを考えることができるかが、「大人」への条件です。

一人でもいやな思いをする人がいれば、質の高い集団とは言えません。人権週間にあたって、質の高い集団をつくっていく決意を新たにしましょう。今日の午後、港区子どもサミットが開かれ、本校からも生徒会役員2名が出席し、いじめを生まない学校づくりなどについて話し合います。

今日、毎月実施の「学校生活等に関するアンケート」に加えて、「体罰をなくすための調査」を実施します。自分で解決できないことは、早めに友達、家族、先生やスクール・カウンセラーに遠慮なく相談しましょう。


09:00 | 2学期朝礼
2015/11/16

「全校防災学習」から学ぶ

Tweet ThisSend to Facebook | by モデレーター308

14日(土)は、「全校防災学習」で、学年ごとに、救命講習を受講したり、災害学習や避難所設営訓練を実施したりして、様々な体験を通して学習しました。世界中の大きな地震の3回に1回は日本で起きているという話もあり、日頃の心構えや訓練がいかに大切であるかということを再認識しました、

災害時や非常時に、中学生は、だれかに何かをしてもらうだけではなく、だれかを助ける場面も想定されます。自助、共助の大切さも学びました。

さて、東日本大震災から5年近くになる今なお、大変厳しい環境で生活している中学生も少なくありません。私たちも、世の中を広い視野で見て、自分の将来、国や世界の未来も見すえながら、多くのことを体験し、学習を積み重ねていきたいと思います。

先週、フランスのパリで、沢山の犠牲者が出る大変悲惨なテロがありました。一方で、国と国、民族と民族の間で、お互いの違いに着目して弱点を指摘するのではなく、この地球に共に生きる者として協調していくことを願って、世界中の多くの心ある人々が、考え、行動しています。

学校という集団生活の場では、たくさんの人の思いや願いが相互に関連しながら、集団がつくられます。人の弱点を指摘するときりがないでしょう。一方で、よさに着目すると、また限りがなく見つけられます。人のうわさに惑わされず、できる限り広い視野をもち、未来志向の生活をしてください。皆さんは、今、中学生ですが、これからの世界を築く世代です。広い視野がもてるよう、沢山のことを学んでください。それが、私が皆さんに期待する最も大切なことであり、「大人」へのステップです。


09:00
2015/11/09

1・2組と3組の交流について考える

Tweet ThisSend to Facebook | by モデレーター308

1・2組と3組は、同じ青山中学校生徒として、毎日、一緒に生活しています。運動会や移動教室、夏季学園などの行事では、一緒に活動し、交流も深まります。先週、体育の授業で、3組と1年生男子とのソフトバレーボールの試合があり、白熱した熱戦が繰り広げられました。大きな声が飛び交い、競い合い、励まし合う姿に、改めて青山中学校の温かさを感じ、大変うれしくなりました。

学芸発表会では、都立青山特別支援学校中学部の生徒作品も展示し、中学部生徒にも青山中学校に来ていただき、作品展示を楽しんでいただきました。また、地元に住んでいて都立光明特別支援学校に通学している1年生の生徒にも、本校1年生と交流しながら、車いすで作品展示を見学していただきました。

人は、だれでも得意なこともあれば、不得意なこともあります。障害があるために、できにくいこともあるでしょう。得意、不得意、できること、できないことなどを含めて、お互いのよさを認め合いながら、ともに成長していきたいものです。そのような学校が、本当に温かい学校と言えます。「さわやかな挨拶が飛び交う温かい学校」の温かさは、実は、一人一人の温かさによって成り立っているのです。

友人関係の中で、自らの温かさを見失いそうになったときは、一呼吸置いて、相手の話をじっくりと聞いてみましょう。一人一人が本来もっている温かさを十分に出し合える、温かく、質の高い集団をつくっていきましょう。


09:00 | 2学期朝礼
2015/11/02

自他を大切にする気持ち

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
学芸発表会に向けて、教科、学年、部活動などの発表、各学級の合唱コンクール、さらに係活動と、運動会と同様、一人で何役もこなして練習、準備を重ねる皆さんを大変頼もしく思います。合唱コンクールでは、皆さんの心のつながりを実感します。リーダーを中心に練習し、困難を乗り越えて学級がまとまっていく姿に感動を覚えます。
学級のまとまりの根底には、自他を大事にする気持ちがあるように思います。自他を大事にする気持ちを毎日の生活にも是非生かしてくことを期待しています。

先週の金曜日に生徒総会があり、後期の委員会が発足しました。役員会も各委員会も、これまでの活動をそのまま続けるだけではなく、一層の改善を進めるための工夫を加えてください。また、生徒会は全校生徒で組織する団体です。一人一人が、自分を大切にするとともに、他も大切にする気持ちをもてば、名実ともに「温かい」、質の高い集団を創り上げることができます。

図書委員会を例に挙げると、10月のことになりますが、図書室のテーマとして、「寒い冬、心が温まる本」を掲げています。今年度から、図書室の放課後の開室日も増えています。
11月9日まで、読書週間です。さらに、どんな工夫ができるでしょうか。

11月は、教育相談月間です。悩みは一人で抱えず、友人や先生、家族に相談し、アドバイスを受けながら解決していきましょう。
09:00 | 2学期朝礼
2015/10/21

開校68周年の記念日を迎えて

Tweet ThisSend to Facebook | by モデレーター308
 

今日は、青山中学校の開校68周年の開校記念日です。青山中学校は、終戦から2年後の昭和22年(1947年)、新しい学校制度ができると同時に開校した伝統ある学校で、これまでの卒業生は14,286人にのぼります。皆さんの父母、祖父母などの方々の中にも本校の卒業生がたくさんおられ、著名人も輩出しています。

昭和22年、港区立新星(しんぼし)中学校として、旧制都立第一中学校(現在の日比谷高校)に併設して開校しました。男子生徒は、旧制都立第一中学校、そして女子生徒は、旧制都立外苑中学校(現在の青山高校)の校舎に通いました。翌年、青山中学校と校名を変え、青南小学校の校舎を借りて授業を行いました。屋上での授業の記録もあります。その後は、青山小学校の校舎も借りて授業を行っていましたが、昭和30年、現在の青山中学校の場所にもともとあった陸軍大学校の校舎を改修して、ようやく独立校舎ができました。昭和301021日に校舎独立記念式典が開催され、以来、1021日を開校記念日としています。ちなみに、敷地面積は、17,429㎡と広大で、樹木が多く、ビオトープもあるなど、自然に恵まれています。敷地面積を生徒数で割ると、一人当たり約100㎡となります。

本校の歴史を振り返ると、日比谷高校、青山高校、青南小学校、青山小学校との関係が大変深く、地元の皆様の強力な応援をいただいてきたことが分かります。現在の生徒にも地域の大きな期待が寄せられています。期待に答えられるよう、青山中学校生徒の皆さん一人一人が自らを鍛え、バランスの取れた「大人」になれるよう力を付けていくことを願っています。授業や様々な活動に皆が協力し、全力で取り組めることに改めて感謝しましょう。今、皆さんは、3日後に迫った学芸発表会に向けて、一人で何役もこなし、熱心に練習、準備を進めています。当日は、地域の皆様もたくさん参観されます。現在の青山中学校生徒の最高の姿を見ていただきたいと思います。また、地域の学校として、地域清掃活動や地域行事への協力も進め、地域の一員としての自覚をもって生活してください。

今日の給食は、開校記念日のお弁当で、また、PTAからは、校章の焼印の押された紅白饅頭をいただきます。感謝していただきましょう。


09:00 | 式典関係
2015/10/05

10月5日は「世界教師の日」

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
ただ今、生徒会役員、専門委員の認証式を行いましたが、役員、専門委員をリーダーとして、全校生徒が関わって、より良い学校づくりを進めていくことを強く期待します。

さて、今日、10月5日は、ユネスコが定める「世界教師の日」です。
1966年(昭和41年)に、ユネスコが教師の地位向上に関して勧告したことに由来します。

学校の教師として仕事をしていて、卒業式の日に、卒業生が夢を語るとき、「将来は学校の先生になりたい」という言葉を聞くと、日頃の苦労も報われる思いです。
私は、40年近く前に中学校の英語の先生として仕事を始めました。どうしても海外で仕事がしたくて、大学では英語を学びましたが、大学のときに子どもたちのキャンプや野外活動に深くかかわり、英語+子ども=先生となったわけです。中学校時代に出会った英語の先生の影響も非常に大きいです。もう80歳になられていますが、今もお付き合いをさせていただいています。

ところで、青山中学校では、毎月1回、「学校生活等に関するアンケート」を実施していますが、その中で、先生に相談したいという申し出も沢山あります。担任や学年の先生とは、普段から話をする機会が多いですが、アンケートでは、それ以外の先生と相談したいという生徒も多いです。中学校の3年間は、「大人」へと急激に成長する時期です。それだけに、悩みも尽きないことでしょう。
学習、進路、友人、先生、家族、部活動、自分の性格、体、健康のことなど、悩みも様々です。
しかし、どんなときにも夢を忘れずに生活してください。今、あなたが悩んでいること、苦しいと、辛いことは、おそらく大人の誰もが同じように悩んできて、そして解決してきたことだと思います。
遠慮なく先生や友人、家族などのアドバイスを受けながら、自分を冷静に見つめ、一歩一歩解決していきましょう。
皆さんの悩みの解決をいつも支援しています。

青山中学校の温かさは、全ての先生、職員が、全ての生徒の指導に関わることから醸し出されています。生徒の皆さんへの期待が大きいために、ときには、厳しく指導する場面もあります。しかし、例えば、担任の先生は、学級の生徒のことを一時も忘れることがないくらい気にかけています。先生の仕事は、普段の授業以外に生活指導や部活動など大変広い範囲にわたり、朝早くから、夜遅くまで続くことも多いです。
しかし、大変ではありますが、非常に遣り甲斐のある仕事です。

来年3月の卒業式で、皆さんの夢を聞くのを楽しみにしています。
09:00 | 2学期朝礼
2015/09/14

思いやり

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
9月5日(土)の道徳授業地区公開講座では、全学級で、「思いやり」をテーマとした授業を実施しました。その後、ボランティアの方による「ふくろうのダルトリー」と「神馬」の二冊の本の朗読を聞かせていただきました。
当日、皆さんが、「思いやり」について書いたワークシートを拝見しましたが、それぞれが、様々な角度から「思いやり」について考えていることが分かります。私が考えていた以上に皆さんが「大人」で、しっかりと考えていることが伝わってきて、皆さんを見直すとともに、大変うれしくなりました。
 
「さわやかな挨拶が飛び交う温かい学校」は、私たち一人一人の「思いやり」が多様に交わり合ってつくられているのではないかと思います。今、各学年で、弁論の発表が続いています。弁論の内容にも、皆さんの温かい思いが綴られています。
 
一歩一歩「大人」に近付く皆さんは、友達との日常のさりげないやり取りの中にも、「人としてどうか」が問われます。2学期も日常の学習や諸活動、行事の場面で、「人としてどうか」を意識し、「思いやり」をベースとした質の高い集団をつくっていきましょう。
 
ところで、先週、9日(水)は、全学年の代表選手が出場する港区立中学校水泳記録会が開催され、10校が競い合いました。青山中学校は毎年活躍していますが、今年も、上位3位に入った種目が7種目もありました。
10月には、区内の2年生全員が競い合う連合体育大会、そして3組が出場する合同運動会もあり、活躍を期待しています。
 
また、生徒会活動も10月から後期となりますが、来週には生徒会役員選挙があります。生徒一人一人が、より良い学校づくりについて考える機会となるよう期待しています。
09:00 | 2学期朝礼
2015/09/07

環境を整える

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
学習や活動の充実には、周りの環境を整えることが大切です。教室の環境整備は大丈夫ですか。自分の荷物はまとめてありますか。家でも学習環境を整えていますか。

学校では、夏休みに集中的に工事や環境整備を行いました。
6月中旬から続いている体育館天井耐震化、空調設置工事は、今月中旬に終わり、今月末には、使用再開ができる予定です。28日の生徒朝礼は体育館でできそうです。

1階の「だれでもトイレ」も完成しました。これらの工事に加えて、本校の用務主事さんも、夏休みに、普段はできない箇所の清掃や整備をしていただきました。
さらに、校内のペンキ塗りもしていただきました。2学期、玄関を入って、昇降口が明るくなったことに気付いた人もいるでしょう。ホール前の壁、丸い柱などを丁寧に塗装していただきました。

また、事務主事さんは、皆さんの使う教材の注文や会計など、毎日忙しく丁寧に仕事を進めていただいています。学用品を借りたり、通学証明書の発行をお願いしたりという場面で、皆さんが事務室に行く機会も多いですが、しっかり挨拶し、感謝の気持ちで色々なことをお願いできていますか。

給食調理の皆さんも、毎日皆さんに安全で、栄養バランスの取れた給食を提供できるよう大変忙しく作業を進めていただいています。

このように、学年や教科の先生方のほかにも、講師の先生、介助の先生、スクール・カウンセラーの先生など、本校には、皆さんの毎日の充実した学校生活を支える多くの方々がいらっしゃいます。皆さんが、気持ちよく生活できるよう気持ちを込めて、様々な工夫をしながら仕事をしていただいています。改めて、皆さんの生活を支えていただいている方々に感謝をしたいと思います。

一方、多くの生徒が生活する学校は、ごみが落ちたり、汚れたり、物が壊れたりすることも多いです。みんなが少しずつ気を遣い、自分たちの学校を積極的にきれいにしていこうという気持ちをもって生活したいと思います。
09:00 | 2学期朝礼
2015/09/01

2学期の始業式に当たって

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
全校生徒の笑顔が学校に戻り、2学期の始業式を迎えることができました。
体もさらに成長し、内面でも一段と「大人」になった皆さんの姿を見て、大変うれしく思います。
思春期を迎える皆さんにとって、日々の生活は夢や希望ばかりではなく、悩みや苦しみも少なくないことだと思います。しかし、悩みや苦しみを乗り越えることのできる、温かく質の高い集団を築き上げようとする皆さんの態度を見ていると、改めてみんなが笑顔でいられることのありがたさを実感します。
そして、全校でもう一度、「さわやかな挨拶が飛び交う温かい学校」を意識し、かけがえのない皆さん一人一人の、かけがえのない一日一日の生活を大事にしていきましょう。

2学期は、日々の学習の成果を発表する学芸発表会もあり、学年や学級の団結も問われます。どんな場面でも笑顔を忘れず、様々なことにチャレンジし続けてほしいと願っています。3年生は中学校生活も残り半年となり、自分の将来を見つめ、進路を決定する時期です。2年生は中学校生活の折り返し地点となり、生徒会や部活動等で、学校の中心として活躍し始めます。1年生は中学生として、一層「大人」になっていくときです。
 
2学期は、海外からの短期就学の生徒4名が元の学校に戻り、新たに、海外から2年生、3年生各1名が編入し、全校生徒168名でのスタートです。今学期も、学校を舞台に、どんな「ドラマ」が繰り広げられるか楽しみです。

さて、今年の夏は、猛暑の日が続きましたが、自分らしい夏休みを過ごすことができましたか。部活動の練習に励み、試合にもチャレンジした生徒も多いです。普段はできないことに集中的に取り組んだ人もいるでしょう。

一年で最も長い2学期です。
学芸発表会や区の連合行事も続きます。毎日の一時間一時間の授業を大事にしながら、様々なことにも積極的にチャレンジしましょう。
活躍の場面がたくさんあります。そして、12月の終業式では、さらに「大人」に近づく皆さんの姿を思い浮かべながら、学校の先生方、主事さん方など全員で、皆さんの努力を応援していきます。
09:00 | 式典関係
12