校長より

青山中学校ホームページにようこそ

校 長 中田 和直

今年度第19代校長として赴任いたしました中田和直と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

本校は昭和22年4月29日東京都立第一中学校(現:都立日比谷高校)に港区新星中学校として併設さ
れました。昭和23年4月東京都港区立青山中学校と改称。都立一中より港区立青南小学校校舎に移転。
渋谷区立外苑中学校より女子生徒を受け入れ、昭和30年3月1日旧陸軍大学校校舎を新校舎として現在地
に移転しました。

昨年創立七十周年を迎えました。都心にありながらも緑にあふれ、自然豊かな教育環境のもと、校訓に
「文武両道」「自主自律」を掲げ、開校当初からの生徒目標に「真剣な学習」「節度ある行動」という目
標を立て、地域の方々から支えられ、生徒一人ひとりの個性を尊重しながら良き伝統と校風を受け継いで
きた学校です。

 「さわやかな挨拶が飛び交う温い学校」をモットーにつながりを大切に、一人ひとりの子どもたちの
可能性を引き出していきたいと考えております。今後ともご支援、ご協力のほど、よろしくお願いいた
します。
 

校長講話

朝礼・式での講話 >> 記事詳細

2015/12/14

学校外での学び

Tweet ThisSend to Facebook | by モデレーター308

青山中学校は、学年ごとに美術館で学習するなど、学校の外に出かけて学習する機会が多いです。先週1週間だけでも多くの機会がありました。1年生と3組は、青山特別支援学校との交流会、2年生は日比谷高校での体験授業、3年生は家庭科の保育実習で、青南幼稚園に出かけて学習しました。3年生はその他にも、サントリーホールで港区の音楽鑑賞教室がありましたから、忙しい1週間でした。

皆さんが生活していく、これからの変化の激しい時代には、身に付けた知識や技能をどのように活用し、どのように社会・世界と関わり、よりよい人生を送るかが大切です。普段の授業でも、知識や技能を活用する場面を工夫していますが、学校外での学習は、活用の絶好のチャンスです。

1年生は、青山特別支援学校で、パラリンピック競技の一つの「ボッチャ」を一緒に楽しみました。障害のあるなしに関わらず同じ中学生として、励まし合い、競技しました。合唱の交換も温かな交流の一コマでした。

2年生は、高校の数学と化学の授業を受け、専門的な内容に驚く一方で、中学校の学習と関連していることにも気付いたことでしょう。

3年生は、進路決定の時期に、10歳ほど年下の幼稚園の子どもたちと過ごすことで、自らの成長を振り返り、この先の生き方についても考えることができたのではないかと思います。

これらの体験の一つ一つが皆さんのこれからの人生の幅を広げていくのです。そのためにも、学校での毎日、毎時間の授業を大切にし、受け身ではなく、積極的に授業に関わり、経験・体験の幅を広げてください。


10:30 | 2学期朝礼