校長より


 中学生を「大人」にする青山中学校               校長 福井 正仁

校長先生の写真 昭和22年4月、港区立新星(しんぼし)中学校として、東京都立第一中学校(現在の日比谷高等学校)に併設されて開校した本校は、今年度、第70期の新入生を迎えました。各学年2学級と特別支援学級2学級、合計8学級の編制で、全校生徒数は167名です。

 私は、本校4年目になる第18代校長の 福井 正仁 でございます。

 本校の校訓は、「文武両道」、「自主自律」です。校訓を受け、開校当時から受け継がれている生徒目標は、「真剣な学習」、「節度ある行動」です。生徒目標は、学校の玄関や各教室に掲げられており、一人一人の生徒の日々の学習と生活の指針となっています。

 また、青山中学校は、「さわやかな挨拶が飛び交う温かい学校」をモットーとし、温かい人間関係を基盤に、生徒相互のコミュニケーションを大切にし、助け合い、高め合える学校です。全職員が全生徒の指導に関わることのできる規模で、生徒一人一人が学習や行事、諸活動で主役として活躍しています。

 さて、中学生の時期は、自己形成を続け、「子ども」から「大人」へ着実に成長すべき年代です。そのため、本校は、学習・生活の両面で、生徒の自主性・主体性を育てる指導を大切にしています。大人が先回りして生徒が進むべき道を完全に整備してしまうのではなく、生徒が自ら考え、目標を設定して努力を続け、試行錯誤しながらも自ら進むべき道を切り開いていくことのできる環境や条件を丁寧に整備するよう努めています。これからの変化の激しい時代を生き抜く力を培うため、主体的に生きる人を育てたいと考えます。

 さらに、青山中学校は、地域の皆様の盤石な支援体制があり、多くの校長先生のイラスト皆様に生徒に重層的にかかわっていただいてます。地域の支援による「出前授業」、大学と連携した美術館での体験学習、様々な交流活動などを実施し、一人一人の生徒の3年間の経験の質と量の充実を図っています。生徒の3年間の伸びは大変大きく、卒業後の進路選択においても、それぞれが自らの進路を切り開き、大きな成果を上げています。また、生徒の地域活動への参加が多いことも本校の特色です。

 皆様には、中学生を「大人」にする青山中学校への引き続きのご支援を賜りますよう衷心
よりお願い申し上げます。
 

校長講話

朝礼・式での講話 >> 記事詳細

2015/09/01

2学期の始業式に当たって

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
全校生徒の笑顔が学校に戻り、2学期の始業式を迎えることができました。
体もさらに成長し、内面でも一段と「大人」になった皆さんの姿を見て、大変うれしく思います。
思春期を迎える皆さんにとって、日々の生活は夢や希望ばかりではなく、悩みや苦しみも少なくないことだと思います。しかし、悩みや苦しみを乗り越えることのできる、温かく質の高い集団を築き上げようとする皆さんの態度を見ていると、改めてみんなが笑顔でいられることのありがたさを実感します。
そして、全校でもう一度、「さわやかな挨拶が飛び交う温かい学校」を意識し、かけがえのない皆さん一人一人の、かけがえのない一日一日の生活を大事にしていきましょう。

2学期は、日々の学習の成果を発表する学芸発表会もあり、学年や学級の団結も問われます。どんな場面でも笑顔を忘れず、様々なことにチャレンジし続けてほしいと願っています。3年生は中学校生活も残り半年となり、自分の将来を見つめ、進路を決定する時期です。2年生は中学校生活の折り返し地点となり、生徒会や部活動等で、学校の中心として活躍し始めます。1年生は中学生として、一層「大人」になっていくときです。
 
2学期は、海外からの短期就学の生徒4名が元の学校に戻り、新たに、海外から2年生、3年生各1名が編入し、全校生徒168名でのスタートです。今学期も、学校を舞台に、どんな「ドラマ」が繰り広げられるか楽しみです。

さて、今年の夏は、猛暑の日が続きましたが、自分らしい夏休みを過ごすことができましたか。部活動の練習に励み、試合にもチャレンジした生徒も多いです。普段はできないことに集中的に取り組んだ人もいるでしょう。

一年で最も長い2学期です。
学芸発表会や区の連合行事も続きます。毎日の一時間一時間の授業を大事にしながら、様々なことにも積極的にチャレンジしましょう。
活躍の場面がたくさんあります。そして、12月の終業式では、さらに「大人」に近づく皆さんの姿を思い浮かべながら、学校の先生方、主事さん方など全員で、皆さんの努力を応援していきます。
09:00 | 式典関係