校長より

青山中学校ホームページにようこそ

校 長 中田 和直

今年度第19代校長として赴任いたしました中田和直と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

本校は昭和22年4月29日東京都立第一中学校(現:都立日比谷高校)に港区新星中学校として併設さ
れました。昭和23年4月東京都港区立青山中学校と改称。都立一中より港区立青南小学校校舎に移転。
渋谷区立外苑中学校より女子生徒を受け入れ、昭和30年3月1日旧陸軍大学校校舎を新校舎として現在地
に移転しました。

昨年創立七十周年を迎えました。都心にありながらも緑にあふれ、自然豊かな教育環境のもと、校訓に
「文武両道」「自主自律」を掲げ、開校当初からの生徒目標に「真剣な学習」「節度ある行動」という目
標を立て、地域の方々から支えられ、生徒一人ひとりの個性を尊重しながら良き伝統と校風を受け継いで
きた学校です。

 「さわやかな挨拶が飛び交う温い学校」をモットーにつながりを大切に、一人ひとりの子どもたちの
可能性を引き出していきたいと考えております。今後ともご支援、ご協力のほど、よろしくお願いいた
します。
 

校長講話

朝礼・式での講話 >> 記事詳細

2015/09/01

2学期の始業式に当たって

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
全校生徒の笑顔が学校に戻り、2学期の始業式を迎えることができました。
体もさらに成長し、内面でも一段と「大人」になった皆さんの姿を見て、大変うれしく思います。
思春期を迎える皆さんにとって、日々の生活は夢や希望ばかりではなく、悩みや苦しみも少なくないことだと思います。しかし、悩みや苦しみを乗り越えることのできる、温かく質の高い集団を築き上げようとする皆さんの態度を見ていると、改めてみんなが笑顔でいられることのありがたさを実感します。
そして、全校でもう一度、「さわやかな挨拶が飛び交う温かい学校」を意識し、かけがえのない皆さん一人一人の、かけがえのない一日一日の生活を大事にしていきましょう。

2学期は、日々の学習の成果を発表する学芸発表会もあり、学年や学級の団結も問われます。どんな場面でも笑顔を忘れず、様々なことにチャレンジし続けてほしいと願っています。3年生は中学校生活も残り半年となり、自分の将来を見つめ、進路を決定する時期です。2年生は中学校生活の折り返し地点となり、生徒会や部活動等で、学校の中心として活躍し始めます。1年生は中学生として、一層「大人」になっていくときです。
 
2学期は、海外からの短期就学の生徒4名が元の学校に戻り、新たに、海外から2年生、3年生各1名が編入し、全校生徒168名でのスタートです。今学期も、学校を舞台に、どんな「ドラマ」が繰り広げられるか楽しみです。

さて、今年の夏は、猛暑の日が続きましたが、自分らしい夏休みを過ごすことができましたか。部活動の練習に励み、試合にもチャレンジした生徒も多いです。普段はできないことに集中的に取り組んだ人もいるでしょう。

一年で最も長い2学期です。
学芸発表会や区の連合行事も続きます。毎日の一時間一時間の授業を大事にしながら、様々なことにも積極的にチャレンジしましょう。
活躍の場面がたくさんあります。そして、12月の終業式では、さらに「大人」に近づく皆さんの姿を思い浮かべながら、学校の先生方、主事さん方など全員で、皆さんの努力を応援していきます。
09:00 | 式典関係