校長より


 中学生を「大人」にする青山中学校               校長 福井 正仁

校長先生の写真 昭和22年4月、港区立新星(しんぼし)中学校として、東京都立第一中学校(現在の日比谷高等学校)に併設されて開校した本校は、今年度、第70期の新入生を迎えました。各学年2学級と特別支援学級2学級、合計8学級の編制で、全校生徒数は167名です。

 私は、本校4年目になる第18代校長の 福井 正仁 でございます。

 本校の校訓は、「文武両道」、「自主自律」です。校訓を受け、開校当時から受け継がれている生徒目標は、「真剣な学習」、「節度ある行動」です。生徒目標は、学校の玄関や各教室に掲げられており、一人一人の生徒の日々の学習と生活の指針となっています。

 また、青山中学校は、「さわやかな挨拶が飛び交う温かい学校」をモットーとし、温かい人間関係を基盤に、生徒相互のコミュニケーションを大切にし、助け合い、高め合える学校です。全職員が全生徒の指導に関わることのできる規模で、生徒一人一人が学習や行事、諸活動で主役として活躍しています。

 さて、中学生の時期は、自己形成を続け、「子ども」から「大人」へ着実に成長すべき年代です。そのため、本校は、学習・生活の両面で、生徒の自主性・主体性を育てる指導を大切にしています。大人が先回りして生徒が進むべき道を完全に整備してしまうのではなく、生徒が自ら考え、目標を設定して努力を続け、試行錯誤しながらも自ら進むべき道を切り開いていくことのできる環境や条件を丁寧に整備するよう努めています。これからの変化の激しい時代を生き抜く力を培うため、主体的に生きる人を育てたいと考えます。

 さらに、青山中学校は、地域の皆様の盤石な支援体制があり、多くの校長先生のイラスト皆様に生徒に重層的にかかわっていただいてます。地域の支援による「出前授業」、大学と連携した美術館での体験学習、様々な交流活動などを実施し、一人一人の生徒の3年間の経験の質と量の充実を図っています。生徒の3年間の伸びは大変大きく、卒業後の進路選択においても、それぞれが自らの進路を切り開き、大きな成果を上げています。また、生徒の地域活動への参加が多いことも本校の特色です。

 皆様には、中学生を「大人」にする青山中学校への引き続きのご支援を賜りますよう衷心
よりお願い申し上げます。
 

校長講話

朝礼・式での講話 >> 記事詳細

2015/09/07

環境を整える

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
学習や活動の充実には、周りの環境を整えることが大切です。教室の環境整備は大丈夫ですか。自分の荷物はまとめてありますか。家でも学習環境を整えていますか。

学校では、夏休みに集中的に工事や環境整備を行いました。
6月中旬から続いている体育館天井耐震化、空調設置工事は、今月中旬に終わり、今月末には、使用再開ができる予定です。28日の生徒朝礼は体育館でできそうです。

1階の「だれでもトイレ」も完成しました。これらの工事に加えて、本校の用務主事さんも、夏休みに、普段はできない箇所の清掃や整備をしていただきました。
さらに、校内のペンキ塗りもしていただきました。2学期、玄関を入って、昇降口が明るくなったことに気付いた人もいるでしょう。ホール前の壁、丸い柱などを丁寧に塗装していただきました。

また、事務主事さんは、皆さんの使う教材の注文や会計など、毎日忙しく丁寧に仕事を進めていただいています。学用品を借りたり、通学証明書の発行をお願いしたりという場面で、皆さんが事務室に行く機会も多いですが、しっかり挨拶し、感謝の気持ちで色々なことをお願いできていますか。

給食調理の皆さんも、毎日皆さんに安全で、栄養バランスの取れた給食を提供できるよう大変忙しく作業を進めていただいています。

このように、学年や教科の先生方のほかにも、講師の先生、介助の先生、スクール・カウンセラーの先生など、本校には、皆さんの毎日の充実した学校生活を支える多くの方々がいらっしゃいます。皆さんが、気持ちよく生活できるよう気持ちを込めて、様々な工夫をしながら仕事をしていただいています。改めて、皆さんの生活を支えていただいている方々に感謝をしたいと思います。

一方、多くの生徒が生活する学校は、ごみが落ちたり、汚れたり、物が壊れたりすることも多いです。みんなが少しずつ気を遣い、自分たちの学校を積極的にきれいにしていこうという気持ちをもって生活したいと思います。
09:00 | 2学期朝礼