校長より

青山中学校ホームページにようこそ

校 長 中田 和直

今年度第19代校長として赴任いたしました中田和直と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

本校は昭和22年4月29日東京都立第一中学校(現:都立日比谷高校)に港区新星中学校として併設さ
れました。昭和23年4月東京都港区立青山中学校と改称。都立一中より港区立青南小学校校舎に移転。
渋谷区立外苑中学校より女子生徒を受け入れ、昭和30年3月1日旧陸軍大学校校舎を新校舎として現在地
に移転しました。

昨年創立七十周年を迎えました。都心にありながらも緑にあふれ、自然豊かな教育環境のもと、校訓に
「文武両道」「自主自律」を掲げ、開校当初からの生徒目標に「真剣な学習」「節度ある行動」という目
標を立て、地域の方々から支えられ、生徒一人ひとりの個性を尊重しながら良き伝統と校風を受け継いで
きた学校です。

 「さわやかな挨拶が飛び交う温い学校」をモットーにつながりを大切に、一人ひとりの子どもたちの
可能性を引き出していきたいと考えております。今後ともご支援、ご協力のほど、よろしくお願いいた
します。
 

校長講話

朝礼・式での講話 >> 記事詳細

2015/12/07

人権週間にあたって

Tweet ThisSend to Facebook | by モデレーター308

1210日は、昭和231948)年、第3回国連総会で「世界人権宣言」は採択されたことを記念し、「人権デー」と定められています。そして、124日から10日が「人権週間」です。

世界各地で発生している悲惨な戦争や紛争、テロなどで、多くの人々の命が奪われ、人権が踏みにじられています。しかし、人権は、このような状況下だけで問題になるわけではなく、私たちの身近な日常生活でも、常に意識しなければならないことです。学校生活を考えると、暴力やいじめは、人権を踏みにじる行為と言えます。

青山中学校は、一人一人が「さわやかなあいさつが飛び交う温かい学校」をモットーとして、助け合い、励まし合いながら、学校生活を送っています。しかし、人間関係がうまくいかないこともあるでしょう。うまくいかないときに、関係がさらに悪くなり、暴力やいじめにつながるようなことになってはいけません。人間関係がうまくいかないときこそ、「温かさ」を発揮し、相手の気持ちや立場をもう一度じっくり考え、また、自分自身の気持ちも冷静に振り返ってみましょう。どれだけ冷静に自分や相手のことを考えることができるかが、「大人」への条件です。

一人でもいやな思いをする人がいれば、質の高い集団とは言えません。人権週間にあたって、質の高い集団をつくっていく決意を新たにしましょう。今日の午後、港区子どもサミットが開かれ、本校からも生徒会役員2名が出席し、いじめを生まない学校づくりなどについて話し合います。

今日、毎月実施の「学校生活等に関するアンケート」に加えて、「体罰をなくすための調査」を実施します。自分で解決できないことは、早めに友達、家族、先生やスクール・カウンセラーに遠慮なく相談しましょう。


09:00 | 2学期朝礼