校長より

青山中学校ホームページにようこそ

校 長 中田 和直

今年度第19代校長として赴任いたしました中田和直と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

本校は昭和22年4月29日東京都立第一中学校(現:都立日比谷高校)に港区新星中学校として併設さ
れました。昭和23年4月東京都港区立青山中学校と改称。都立一中より港区立青南小学校校舎に移転。
渋谷区立外苑中学校より女子生徒を受け入れ、昭和30年3月1日旧陸軍大学校校舎を新校舎として現在地
に移転しました。

昨年創立七十周年を迎えました。都心にありながらも緑にあふれ、自然豊かな教育環境のもと、校訓に
「文武両道」「自主自律」を掲げ、開校当初からの生徒目標に「真剣な学習」「節度ある行動」という目
標を立て、地域の方々から支えられ、生徒一人ひとりの個性を尊重しながら良き伝統と校風を受け継いで
きた学校です。

 「さわやかな挨拶が飛び交う温い学校」をモットーにつながりを大切に、一人ひとりの子どもたちの
可能性を引き出していきたいと考えております。今後ともご支援、ご協力のほど、よろしくお願いいた
します。
 

校長講話

朝礼・式での講話 >> 記事詳細

2015/11/09

1・2組と3組の交流について考える

Tweet ThisSend to Facebook | by モデレーター308

1・2組と3組は、同じ青山中学校生徒として、毎日、一緒に生活しています。運動会や移動教室、夏季学園などの行事では、一緒に活動し、交流も深まります。先週、体育の授業で、3組と1年生男子とのソフトバレーボールの試合があり、白熱した熱戦が繰り広げられました。大きな声が飛び交い、競い合い、励まし合う姿に、改めて青山中学校の温かさを感じ、大変うれしくなりました。

学芸発表会では、都立青山特別支援学校中学部の生徒作品も展示し、中学部生徒にも青山中学校に来ていただき、作品展示を楽しんでいただきました。また、地元に住んでいて都立光明特別支援学校に通学している1年生の生徒にも、本校1年生と交流しながら、車いすで作品展示を見学していただきました。

人は、だれでも得意なこともあれば、不得意なこともあります。障害があるために、できにくいこともあるでしょう。得意、不得意、できること、できないことなどを含めて、お互いのよさを認め合いながら、ともに成長していきたいものです。そのような学校が、本当に温かい学校と言えます。「さわやかな挨拶が飛び交う温かい学校」の温かさは、実は、一人一人の温かさによって成り立っているのです。

友人関係の中で、自らの温かさを見失いそうになったときは、一呼吸置いて、相手の話をじっくりと聞いてみましょう。一人一人が本来もっている温かさを十分に出し合える、温かく、質の高い集団をつくっていきましょう。


09:00 | 2学期朝礼