校長より

青山中学校ホームページにようこそ

校 長 中田 和直

今年度第19代校長として赴任いたしました中田和直と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

本校は昭和22年4月29日東京都立第一中学校(現:都立日比谷高校)に港区新星中学校として併設さ
れました。昭和23年4月東京都港区立青山中学校と改称。都立一中より港区立青南小学校校舎に移転。
渋谷区立外苑中学校より女子生徒を受け入れ、昭和30年3月1日旧陸軍大学校校舎を新校舎として現在地
に移転しました。

昨年創立七十周年を迎えました。都心にありながらも緑にあふれ、自然豊かな教育環境のもと、校訓に
「文武両道」「自主自律」を掲げ、開校当初からの生徒目標に「真剣な学習」「節度ある行動」という目
標を立て、地域の方々から支えられ、生徒一人ひとりの個性を尊重しながら良き伝統と校風を受け継いで
きた学校です。

 「さわやかな挨拶が飛び交う温い学校」をモットーにつながりを大切に、一人ひとりの子どもたちの
可能性を引き出していきたいと考えております。今後ともご支援、ご協力のほど、よろしくお願いいた
します。
 

校長講話

朝礼・式での講話 >> 記事詳細

2015/11/16

「全校防災学習」から学ぶ

Tweet ThisSend to Facebook | by モデレーター308

14日(土)は、「全校防災学習」で、学年ごとに、救命講習を受講したり、災害学習や避難所設営訓練を実施したりして、様々な体験を通して学習しました。世界中の大きな地震の3回に1回は日本で起きているという話もあり、日頃の心構えや訓練がいかに大切であるかということを再認識しました、

災害時や非常時に、中学生は、だれかに何かをしてもらうだけではなく、だれかを助ける場面も想定されます。自助、共助の大切さも学びました。

さて、東日本大震災から5年近くになる今なお、大変厳しい環境で生活している中学生も少なくありません。私たちも、世の中を広い視野で見て、自分の将来、国や世界の未来も見すえながら、多くのことを体験し、学習を積み重ねていきたいと思います。

先週、フランスのパリで、沢山の犠牲者が出る大変悲惨なテロがありました。一方で、国と国、民族と民族の間で、お互いの違いに着目して弱点を指摘するのではなく、この地球に共に生きる者として協調していくことを願って、世界中の多くの心ある人々が、考え、行動しています。

学校という集団生活の場では、たくさんの人の思いや願いが相互に関連しながら、集団がつくられます。人の弱点を指摘するときりがないでしょう。一方で、よさに着目すると、また限りがなく見つけられます。人のうわさに惑わされず、できる限り広い視野をもち、未来志向の生活をしてください。皆さんは、今、中学生ですが、これからの世界を築く世代です。広い視野がもてるよう、沢山のことを学んでください。それが、私が皆さんに期待する最も大切なことであり、「大人」へのステップです。


09:00