校長より


 中学生を「大人」にする青山中学校               校長 福井 正仁

校長先生の写真 昭和22年4月、港区立新星(しんぼし)中学校として、東京都立第一中学校(現在の日比谷高等学校)に併設されて開校した本校は、今年度、第70期の新入生を迎えました。各学年2学級と特別支援学級2学級、合計8学級の編制で、全校生徒数は167名です。

 私は、本校4年目になる第18代校長の 福井 正仁 でございます。

 本校の校訓は、「文武両道」、「自主自律」です。校訓を受け、開校当時から受け継がれている生徒目標は、「真剣な学習」、「節度ある行動」です。生徒目標は、学校の玄関や各教室に掲げられており、一人一人の生徒の日々の学習と生活の指針となっています。

 また、青山中学校は、「さわやかな挨拶が飛び交う温かい学校」をモットーとし、温かい人間関係を基盤に、生徒相互のコミュニケーションを大切にし、助け合い、高め合える学校です。全職員が全生徒の指導に関わることのできる規模で、生徒一人一人が学習や行事、諸活動で主役として活躍しています。

 さて、中学生の時期は、自己形成を続け、「子ども」から「大人」へ着実に成長すべき年代です。そのため、本校は、学習・生活の両面で、生徒の自主性・主体性を育てる指導を大切にしています。大人が先回りして生徒が進むべき道を完全に整備してしまうのではなく、生徒が自ら考え、目標を設定して努力を続け、試行錯誤しながらも自ら進むべき道を切り開いていくことのできる環境や条件を丁寧に整備するよう努めています。これからの変化の激しい時代を生き抜く力を培うため、主体的に生きる人を育てたいと考えます。

 さらに、青山中学校は、地域の皆様の盤石な支援体制があり、多くの校長先生のイラスト皆様に生徒に重層的にかかわっていただいてます。地域の支援による「出前授業」、大学と連携した美術館での体験学習、様々な交流活動などを実施し、一人一人の生徒の3年間の経験の質と量の充実を図っています。生徒の3年間の伸びは大変大きく、卒業後の進路選択においても、それぞれが自らの進路を切り開き、大きな成果を上げています。また、生徒の地域活動への参加が多いことも本校の特色です。

 皆様には、中学生を「大人」にする青山中学校への引き続きのご支援を賜りますよう衷心
よりお願い申し上げます。
 

校長講話

朝礼・式での講話 >> 記事詳細

2015/10/21

開校68周年の記念日を迎えて

Tweet ThisSend to Facebook | by モデレーター308
 

今日は、青山中学校の開校68周年の開校記念日です。青山中学校は、終戦から2年後の昭和22年(1947年)、新しい学校制度ができると同時に開校した伝統ある学校で、これまでの卒業生は14,286人にのぼります。皆さんの父母、祖父母などの方々の中にも本校の卒業生がたくさんおられ、著名人も輩出しています。

昭和22年、港区立新星(しんぼし)中学校として、旧制都立第一中学校(現在の日比谷高校)に併設して開校しました。男子生徒は、旧制都立第一中学校、そして女子生徒は、旧制都立外苑中学校(現在の青山高校)の校舎に通いました。翌年、青山中学校と校名を変え、青南小学校の校舎を借りて授業を行いました。屋上での授業の記録もあります。その後は、青山小学校の校舎も借りて授業を行っていましたが、昭和30年、現在の青山中学校の場所にもともとあった陸軍大学校の校舎を改修して、ようやく独立校舎ができました。昭和301021日に校舎独立記念式典が開催され、以来、1021日を開校記念日としています。ちなみに、敷地面積は、17,429㎡と広大で、樹木が多く、ビオトープもあるなど、自然に恵まれています。敷地面積を生徒数で割ると、一人当たり約100㎡となります。

本校の歴史を振り返ると、日比谷高校、青山高校、青南小学校、青山小学校との関係が大変深く、地元の皆様の強力な応援をいただいてきたことが分かります。現在の生徒にも地域の大きな期待が寄せられています。期待に答えられるよう、青山中学校生徒の皆さん一人一人が自らを鍛え、バランスの取れた「大人」になれるよう力を付けていくことを願っています。授業や様々な活動に皆が協力し、全力で取り組めることに改めて感謝しましょう。今、皆さんは、3日後に迫った学芸発表会に向けて、一人で何役もこなし、熱心に練習、準備を進めています。当日は、地域の皆様もたくさん参観されます。現在の青山中学校生徒の最高の姿を見ていただきたいと思います。また、地域の学校として、地域清掃活動や地域行事への協力も進め、地域の一員としての自覚をもって生活してください。

今日の給食は、開校記念日のお弁当で、また、PTAからは、校章の焼印の押された紅白饅頭をいただきます。感謝していただきましょう。


09:00 | 式典関係