校長より


 中学生を「大人」にする青山中学校               校長 福井 正仁

校長先生の写真 昭和22年4月、港区立新星(しんぼし)中学校として、東京都立第一中学校(現在の日比谷高等学校)に併設されて開校した本校は、今年度、第70期の新入生を迎えました。各学年2学級と特別支援学級2学級、合計8学級の編制で、全校生徒数は167名です。

 私は、本校4年目になる第18代校長の 福井 正仁 でございます。

 本校の校訓は、「文武両道」、「自主自律」です。校訓を受け、開校当時から受け継がれている生徒目標は、「真剣な学習」、「節度ある行動」です。生徒目標は、学校の玄関や各教室に掲げられており、一人一人の生徒の日々の学習と生活の指針となっています。

 また、青山中学校は、「さわやかな挨拶が飛び交う温かい学校」をモットーとし、温かい人間関係を基盤に、生徒相互のコミュニケーションを大切にし、助け合い、高め合える学校です。全職員が全生徒の指導に関わることのできる規模で、生徒一人一人が学習や行事、諸活動で主役として活躍しています。

 さて、中学生の時期は、自己形成を続け、「子ども」から「大人」へ着実に成長すべき年代です。そのため、本校は、学習・生活の両面で、生徒の自主性・主体性を育てる指導を大切にしています。大人が先回りして生徒が進むべき道を完全に整備してしまうのではなく、生徒が自ら考え、目標を設定して努力を続け、試行錯誤しながらも自ら進むべき道を切り開いていくことのできる環境や条件を丁寧に整備するよう努めています。これからの変化の激しい時代を生き抜く力を培うため、主体的に生きる人を育てたいと考えます。

 さらに、青山中学校は、地域の皆様の盤石な支援体制があり、多くの校長先生のイラスト皆様に生徒に重層的にかかわっていただいてます。地域の支援による「出前授業」、大学と連携した美術館での体験学習、様々な交流活動などを実施し、一人一人の生徒の3年間の経験の質と量の充実を図っています。生徒の3年間の伸びは大変大きく、卒業後の進路選択においても、それぞれが自らの進路を切り開き、大きな成果を上げています。また、生徒の地域活動への参加が多いことも本校の特色です。

 皆様には、中学生を「大人」にする青山中学校への引き続きのご支援を賜りますよう衷心
よりお願い申し上げます。
 

校長講話

朝礼・式での講話 >> 記事詳細

2015/10/05

10月5日は「世界教師の日」

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
ただ今、生徒会役員、専門委員の認証式を行いましたが、役員、専門委員をリーダーとして、全校生徒が関わって、より良い学校づくりを進めていくことを強く期待します。

さて、今日、10月5日は、ユネスコが定める「世界教師の日」です。
1966年(昭和41年)に、ユネスコが教師の地位向上に関して勧告したことに由来します。

学校の教師として仕事をしていて、卒業式の日に、卒業生が夢を語るとき、「将来は学校の先生になりたい」という言葉を聞くと、日頃の苦労も報われる思いです。
私は、40年近く前に中学校の英語の先生として仕事を始めました。どうしても海外で仕事がしたくて、大学では英語を学びましたが、大学のときに子どもたちのキャンプや野外活動に深くかかわり、英語+子ども=先生となったわけです。中学校時代に出会った英語の先生の影響も非常に大きいです。もう80歳になられていますが、今もお付き合いをさせていただいています。

ところで、青山中学校では、毎月1回、「学校生活等に関するアンケート」を実施していますが、その中で、先生に相談したいという申し出も沢山あります。担任や学年の先生とは、普段から話をする機会が多いですが、アンケートでは、それ以外の先生と相談したいという生徒も多いです。中学校の3年間は、「大人」へと急激に成長する時期です。それだけに、悩みも尽きないことでしょう。
学習、進路、友人、先生、家族、部活動、自分の性格、体、健康のことなど、悩みも様々です。
しかし、どんなときにも夢を忘れずに生活してください。今、あなたが悩んでいること、苦しいと、辛いことは、おそらく大人の誰もが同じように悩んできて、そして解決してきたことだと思います。
遠慮なく先生や友人、家族などのアドバイスを受けながら、自分を冷静に見つめ、一歩一歩解決していきましょう。
皆さんの悩みの解決をいつも支援しています。

青山中学校の温かさは、全ての先生、職員が、全ての生徒の指導に関わることから醸し出されています。生徒の皆さんへの期待が大きいために、ときには、厳しく指導する場面もあります。しかし、例えば、担任の先生は、学級の生徒のことを一時も忘れることがないくらい気にかけています。先生の仕事は、普段の授業以外に生活指導や部活動など大変広い範囲にわたり、朝早くから、夜遅くまで続くことも多いです。
しかし、大変ではありますが、非常に遣り甲斐のある仕事です。

来年3月の卒業式で、皆さんの夢を聞くのを楽しみにしています。
09:00 | 2学期朝礼