港区立青山中学校のホームページへようこそ

 温かい人間関係を基盤とし、生徒相互のコミュニケーションを大切にし、助け合い、高め合う学校です。
生徒の学習・生活の目標として「真剣な学習」、「節度ある行動」 を掲げ、温かさに 甘えることなく、互いに鍛え合い、卒業後の進路選択でも大きな成果を上げています。
各学年2学級と特別支援学級2学級で、全職員が全生徒の指導にかかわれる規模で、生徒一人一人が学習や行事、諸活動で主役として活躍しています。
年間30日の学校公開日、4回の学校説明会を設定しています。
 

教育目標

1.教育目標

 人権尊重の精神を基調として、心身ともに健康で、知性と感性に富み、生涯を通じて主体的に学び続け、国際社会に貢献できる人間性豊かな生徒の育成を推進する。

  ア、ねばり強く、真剣に学習する生徒
  イ、思いやりの心をもち、奉仕する生徒
  ウ、進んで心身の健康に努める生徒

2.特別支援学級の教育目標

 社会的な自律を目指し、自ら学び、考え、行動する生徒の育成を目指した教育を推進する。そのため、次の目標の達成に努める。

  ア、基礎的な学力を身に付け、ねばり強く取り組む態度を育てる。
  イ、豊かな情操や人間関係を育て、思いやる心を養う。
  ウ、基本的な生活習慣を養うとともに、体力の向上と心身の健康の保持・増進を図る。
  エ、交流活動を通して、豊かな人間関係を築き、自立し、社会参加する資質を育てる。
 

沿革

 昭和22. 4.29 東京都立第一中学校(現日比谷高等学校)に併設して、港区立新星(しんぼし)中学校として開校。
 東京都立第一中学校長 菊地龍道 が港区立新星中学校初代校長を兼務。
 昭和23. 4. 1 校名を港区立青山中学校に改名。第二代校長 武田忍 着任。
 昭和23. 4.13 校舎を港区立青南小学校に移転。東京都立外苑中学校(現青山高等学校)より女子生徒99名を受け入れ。
 昭和25. 3.25 第1回卒業式挙行(男子190名、女子84名、計274名)。
 昭和29. 2.18 港区立青山小学校に分教室を置き第2学年全員が移転。
 昭和29.10.21 旧陸軍大学校の校舎・校庭を譲り受け。
 昭和30. 3. 1 旧陸軍大学校の校舎へ移転完了。
 昭和32. 9.21 増築校舎が完成し、落成式挙行。
 昭和37. 4. 1 在籍生徒数1,650人(第1学年10学級、第2学年11学級、第3学年13学級の合計34学級)を記録(平成27年
 5月1日現在の最大数)。
 昭和41. 3. 9 完全給食開始。
 昭和60. 5.11
 新校舎(現在の校舎)が完成し、落成式挙行。
 平成 3. 4. 8
 新標準服制定(男子濃紺ブレザー、女子ダークグレイ・ブレザー)。
 平成 8. 6. 4
 校庭・テニスコート夜間照明設置。
 平成 9.11.21 6校(芝浜中、港中、朝日中、城南中、赤坂中、青山中)合同50周年記念式典挙行。
 平成17. 4. 月2回の土曜日授業を開始。
 平成18. 3.15 校庭の一部及び屋上の芝生化完了。
 平成18. 4. 1 心身障害学級設置(平成19年に特別支援学級に改称)。
 平成20. 8.30 全教室空調設備設置完了。
 平成27. 3.20 第66回卒業式挙行(卒業生総数 14,286名)
 平成27. 4. 1 平成27・28年度港区教育委員会研究奨励校の指定。
 

施設

施設写真施設写真施設写真施設写真
施設写真施設写真施設写真施設写真
 

受け継がれる「生徒目標」

 「真剣な学習」 「節度ある行動」
 
 この二つの目標は、青山中学校当初の生徒会が中心となり、生徒自身が「自分たちが分かりやすく、行動できる目標」を自主的に作ろうという発想で立てられたものです。
現在の青山中学校生徒会もこの目標を受け継ぎ、生徒目標が示すものを大切にした学校生活を送っています。
 

生徒数 (平成28年5月1日現在)

  1年2年 3年
 1組252923
 2組263023
 3組326
 合計546152
 総合計男子95女子72計167
 

緊急時の基本的な対応